2011年01月19日

◎映画情報(うまれる)

154436_1.jpg

ご都合のつくかたは是非観にいってください。

1/21まで、福山のCINEFUKU大黒座/ミラノ座/シネマモード1・2で上映しています。

======

うまれる

‎104分‎‎ - ドキュメンタリー‎
監督: 豪田トモ - 出演者: つるの剛士 - : 評価 4.0/5.0
一般から公募した4組の家族と、彼らに関わる人々の姿を追いながら、命の尊さを真正面から問いかけるドキュメンタリー。妊娠、出産、子供の胎内記憶、不妊、流産、死産、そして周産期医療の現実、産まない選択……など命を巡る、現代のありとあらゆる問題を取り上げている。育児休暇を取得して話題になった、つるの剛士がナレーションに初挑戦。

上映時間
CINEFUKU大黒座/ミラノ座/シネマモード1・2
広島県福山市笠岡町3-9
10:05 15:00

上映期間

2011-01-15 〜 2011-01-21

----------

地図↓

http://eiga.com/theater/cinema/154436/34/13404/70100/

にほんブログ村 環境ブログ 環境学習・教育へ
にほんブログ村
posted by ヒゲパパ at 15:39| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早速、16日の10:05からの上映を家族で観てきました。

わが子の出産の時は、まさに無我の境地に入り、

頭の中が真っ白という感じで、喜びも感動もなく、

産まれた後も産後の経過に注意力を集中していた

ため、感情的な体験の記憶がありませんでしたが、

この映画を観たときは、なにか安心して、感動の涙

を流すことが出来ました。

映画館を出た後、娘の出産の時のことを思い起こし、

娘と助産師の仕事について話し合うことが出来ました。

娘の感想は、『産師の仕事について少し興味みが深

まった』ということでした。
Posted by ヒゲパパ at 2011年01月19日 16:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/181475091

この記事へのトラックバック

自宅出産
Excerpt: 私も妻も病院があまりすきじゃないものですから、実は、内の子供たち2人とも、産婆なしの自宅自然出産で生まれました。 パパである私が、助産師兼、看護士兼、家事をする主夫の三役をこなし現在下の子が2才ま..
Weblog: スピリチュアル・チャイルド・アカデミー Kadoya
Tracked: 2011-01-19 17:46
QRコード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。